メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタル庁、年末方針 来年、関連法案提出 首相

 菅義偉首相は23日、看板政策として掲げる「デジタル庁」について「行政の縦割りを打破し、規制改革を断行する突破口として創設する」と述べた。年末に基本方針をまとめ、2021年1月に召集する通常国会に関連法案を提出する方針を明示した。

 首相官邸で開いた関係閣僚会議で語った。菅首相は「デジタル庁は強力な司令塔機能を有し、官民を問わず能力の高い人材が集まり、社会全体のデジタル化をリードする強力な組織とする必要がある」と強調。首相指示を踏まえ内閣官房や各省庁が具体化を急ぐ。

 首相はデジタル庁創設により、国や自治体のシステム統一▽マイナンバーカードの普及▽行政手続きのオンライン化を通じた各種給付の迅速化▽民間のデジタル化支援▽オンライン診療やデジタル教育などを巡る規制緩和――を推進する考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文917文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「半年後、生きているだろうか?」医療者に忍び寄る不安 職員3割が「燃え尽き症候群」

  2. 大阪で新たに383人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  3. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  4. 政治資金、自民収入244億円で首位 企業献金は微減 政治団体支出22%増

  5. コロナで変わる世界 <仕事編 インタビュー>藤田孝典さん 生活保護は受けていいとの認識浸透させられるか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです