メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

「逆行者」ドラマに批判=坂東賢治

 <moku-go>

 中国・武漢で始まった新型コロナウイルスの流行時に中国では「逆行者」という言葉が使われた。誰もが逃げ出す時に「逆行」して現場に向かう医療関係者ら犠牲的精神を持つ英雄像を意味する。

 中国中央テレビで武漢に救援に向かった医師らを取り上げた連続ドラマ「最美(最も美しい)逆行者」の放送が17日から始まった。当局の意向を受けた番組だが、思わぬ批判にさらされている。

 七つのテーマを2回ずつ計14回に分けて放送するオムニバス形式。初回は志願して北京から武漢に向かう中国軍の女性医師や短期間で建設された仮設病院の建設チームが登場したが、「女性蔑視」という批判が広がったのだ。

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文1023文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです