メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内閣発足1週間 「菅流」足場作り、次々 デジタル・外交、成果急ぐ

 菅内閣は23日、発足から1週間がたった。菅義偉首相はデジタル改革など看板政策では担当閣僚に次々と指示を出す攻めの姿勢を示し、「手腕が未知数」とされる外交では各国首脳と電話協議をこなし足場作りを進める。一方で、首相主催の「桜を見る会」の検証を行わない方針を示すなど、安倍政権が残した「負の遺産」への対応には消極姿勢を崩していない。

 「国民のために働く内閣を作る(という)約束を守るために関係閣僚と議論し指示している。手応えを感じている。アンテナを高くしてスピード感を持って国民の期待に応えたい」。首相は23日、首相官邸で記者団に対し、この1週間をこう振り返った。

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文1038文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「半年後、生きているだろうか?」医療者に忍び寄る不安 職員3割が「燃え尽き症候群」

  2. 大阪で新たに383人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  3. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  4. 政治資金、自民収入244億円で首位 企業献金は微減 政治団体支出22%増

  5. コロナで変わる世界 <仕事編 インタビュー>藤田孝典さん 生活保護は受けていいとの認識浸透させられるか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです