メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 中国新車販売、回復鮮明 日米欧、低迷続く 8月

 新型コロナウイルスの感染拡大で世界の新車販売が大きく落ち込む中、世界最大の自動車市場・中国の回復傾向が鮮明になっている。一方、米欧や日本の回復は遅れており、日本メーカーをはじめとする自動車各社は当面、中国頼みの戦略を迫られそうだ。

 中国の8月の新車販売台数は前年同月比11・6%増の218万6000台と5カ月連続で前年を上回った。中国自動車工業協会は「国内経済の回復と比例し、需要も増加している。9月、10月はさらに消費熱が高まるだろう」と強気だ。

 中国でも新型コロナの感染拡大で新車販売が低迷。2月は前年同月比79・1%減と記録的な落ち込みとなった。しかし、各地方政府が自動車の購入補助など消費刺激策を実施。まずインフラ投資などに必要なトラックなどの商用車需要が急増し、その後高級車を中心とした乗用車市場にも需要が戻り始めた。この恩恵を受けているのが日系メーカーだ。トヨタ自動車の8月の中国での販売台数は27・2%増と急伸し、1月からの累計でも前…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文976文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです