メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小児がん征圧キャンペーン「生きる」

小児がん征圧キャンペーン 会えなくても思い共有 オンラインでキャンプ代替 画面越しに交流、笑顔

サマーキャンプの代替イベントを楽しむ子どもたち=8月10日、北山夏帆撮影(画像の一部を加工しています)

 小児がんと告知された子どもたちが参加するオンラインのイベントが8月にあった。毎年夏に行われてきた「スマートムンストン サマーキャンプ」(主催・公益財団法人がんの子どもを守る会)が新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になったことを受け、初めて開催された。兄弟姉妹が小児がんになった経験がある子どもたちのためのイベントもオンラインで行われ、参加者たちは、離れていても思いを共有することの大切さを感じていた。【竹内麻子】

 サマーキャンプの代替イベントは8月10日に開かれた。小学生から社会人まで約30人(ボランティアを含む)が参加、パソコンの画面を通じ顔を合わせた。

この記事は有料記事です。

残り2530文字(全文2812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです