メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

トルコ、東地中海ガス田探査強行 EU内温度差、対応苦慮 仏・ギリシャ、制裁検討/独、仲介模索

 欧州と中東のはざまにある東地中海で紛争の火種が生まれている。この海域に眠る天然ガス資源を巡り、トルコが軍艦の護衛付きで探査を強行したためだ。権益を主張するギリシャと同国を支援するフランスも軍艦を派遣して対抗し、緊張関係が続く。一触即発とも言える地域の不安定化は、なぜ起き、何をもたらすのか。

 「東地中海の安定と安全はギリシャや(ギリシャと同様にガス資源を巡ってトルコと対立する)キプロスだけでなく、欧州連合(EU)としての問題だ。EUの連帯を断固として表明したい」。EUのミシェル大統領は15日、アテネでギリシャのミツォタキス首相と会談し、EU加盟国であるギリシャ側に立ち、対立収束に向けた協議を進める方針を示した。

 東地中海では近年、相次いでガス田が見つかり、沿岸国が権益を争っている。トルコは2019年、キプロス沖でガス田の掘削を開始。さらに20年8月10日、ギリシャ領カステロリゾ島付近に、探査船と軍艦を派遣した。ギリシャ側も軍艦を派遣し、周辺海域でフランスと軍事演習を行うなどトルコをけん制した。ロイター通信によると、同月12日には双方のフリゲート艦が接近し、船体が接触したという。

この記事は有料記事です。

残り1867文字(全文2363文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. 和解のために 2021 2)変わりうる「ファクト」とは 「帝国の慰安婦」著者が指摘、「学問の政治化」

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです