メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いきものと生きる

宮古島のヒラタクワガタ=五箇公一

宮古島のヒラタクワガタと海=五箇公一さん提供、合成写真

 ヒラタクワガタという日本でもメジャーなクワガタムシの一種は、北海道以外の日本列島に広く分布しており、島しょごとに異なる大顎(あご)の形態をもつ集団に分かれていることが知られている。

 特に琉球列島では細かく島ごとに固有の系統が生息しており、大顎の形状変異も際立っている。筆者らのDNA分析では、琉球列島が大陸と陸橋としてつながっていた時代に、大陸から渡ってきた祖先集団が島の形成に合わせて数万年から数十万年という時間をかけて独自の系統へと分化してきたことが示されている。

 だが琉球列島のなかでも、ヒラタクワガタの生息が空白とされた島がある。それが宮古島である。同様に宮古島にはハブも生息していない。

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1239文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです