大相撲秋場所 朝乃山「万全」、上手投げ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

11日目(23日・両国国技館)

 大関・貴景勝は平幕の宝富士を押し出し、2敗で首位を守った。大関・朝乃山は小結・隠岐の海を豪快な上手投げで仕留め、勝ち越した。隠岐の海は負け越し。関脇・正代は高安を押し倒して9勝2敗。関脇・御嶽海は7勝目を挙げ、小結・遠藤は負け越した。

 2敗は貴景勝、正代に平幕の若隆景、翔猿(とびざる)の計4人となった。1差で朝乃山、照ノ富士、阿武咲の3人が追う。11日目でトップに4人が並ぶのは2016年名古屋場所以来。十両は千代の国が1敗で単独首位を維持した。

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文808文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集