民団、人権救済を申し立て NHK広島のツイート巡り 「民族差別を扇動」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 NHK広島放送局がツイッターで展開している「1945ひろしまタイムライン」上で「朝鮮人」を巡る記述が差別的だと批判を受けている問題で、在日本大韓民国民団(民団)中央本部人権擁護委員会などは23日、「投稿は民族差別を扇動する」として、広島法務局に人権救済を申し立てた。NHK広島放送局への勧告を求めている。

 「もし75年前にSNSがあったら」との設定で、戦中戦後の広島で暮らす架空キャラクターのアカウントが3月から連日ツイート。実際の日記を基に創作した内容のため、当時の日常がリアルに感じられると注目を集めていた。

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文683文字)

あわせて読みたい

注目の特集