メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点字毎日 特集 視覚障害児と英語教育-- 座談会で「障壁」浮き彫り

 今年度から小学5年生の英語が正式な「教科」になるなど、英語教育の改革が現場で進められている。そこに、新型コロナウイルスの感染拡大防止の長期休校があり、学びの遅れをどう取り戻していくのかも問題になっている。視覚障害のある児童・生徒の英語の学びを巡る現状と課題を考えようと企画された座談会の様子を紹介する。【構成・山縣章子】

この記事は有料記事です。

残り1616文字(全文1777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. 「その気になればできる」 国産長射程ミサイルに込められた「隠れた狙い」とは

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです