河野行革相 行政手続きで印鑑廃止を全省庁に要請 押印必要なら「月内回答を」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
河野太郎行政改革・規制改革担当相=滝川大貴撮影
河野太郎行政改革・規制改革担当相=滝川大貴撮影

 河野太郎行政改革担当相は24日、全省庁に対し、行政手続きで印鑑を使用しないよう要請し、使う必要がある場合は理由を今月中に回答するよう求める事務連絡を出した。23日のデジタル庁設置に関する関係閣僚会議でも「はんこをすぐにでもなくしたい」と押印の廃止を呼びかけており、早速発破をかけた。

 事務連絡では、年間1万件以上ある行政手続きについては月内に、それ以外は10月上旬までに回答するよう求めた。内閣府などによると、押印が必要な行政手続きは約1…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文550文字)

あわせて読みたい

注目の特集