特集

公明党

公明党に関するページです。

特集一覧

公明・太田、井上、石田氏引退へ 比例に「後任」候補擁立 世代交代加速

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
公明党で引退する見通しの衆院議員
公明党で引退する見通しの衆院議員

 公明党は、衆院議員29人のうち太田昭宏前代表(74)、井上義久副代表(73)、石田祝稔政調会長(69)ら少なくともベテラン5人を今期限りで引退させる調整に入った。衆院議員の任期満了が2021年10月に迫る中、世代交代を加速させる狙いとみられる。

 公明は24日、次期衆院選の第3次公認候補6人を発表した。井上氏が選出された比例東北、石田氏の比例四国、桝屋敬悟政調会長代理(69)の比例中国、高木美智代政調会長代理(68)の比例東京の各ブロックに新人候補1人の擁立を決めた。比例南関東ブロックには元職2人を擁立する。

 公明は現職の公認の可否については、次期衆院選の直前に正式決定する方針だが、新人擁立を決めた東北など4ブロックでの獲得議席数は、近年各1~2議席が定着しており、事実上ベテラン4人の引退を決めたことになる。公明関係者は「正式に引退を表明するとあいさつまわりなどが必要になり『解散は近い』との誤解も生みかねない。このため玉虫色の発表にした」と語った。

 小選挙区選出の太田氏も既に、地盤の衆院東京12区を、比例北関東ブロック選出の岡本三成元外務政務官(55)に譲った。比例転出の動きもないことから今期限りで引退するとみられる。

 公明には…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文914文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集