メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外務省の21年度概算要求まとまる コロナ関連の緊急経費953億円盛り込む

外務省=米田堅持撮影

 外務省は24日、2021年度当初予算案の概算要求で、20年度当初比970億円増の8090億円を計上する案を自民党に示した。新型コロナウイルスの感染拡大で、帰国できなくなった邦人の支援や途上国へのワクチン供給など、新型コロナ関連の緊急経費として953億円を盛り込んだ。

 外務省では新型コロナの感染拡大後、各国…

この記事は有料記事です。

残り172文字(全文326文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪万博 招致戦略の見直し急務 150カ国参加目指すもコロナで「白紙」に

  2. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  3. 大阪で新たに318人感染 300人超は2日ぶり 新型コロナ

  4. 首相、医師会長に「全力でやる」 官邸で面会 医療体制逼迫など訴え

  5. コロナ対応説明は? 菅首相、感染拡大でも記者会見開かず 野党「国民の不安高まる」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです