メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日韓関係「非常に厳しい状況」 菅首相、強い言葉で厳しい姿勢堅持 初の電話協議

菅義偉首相=滝川大貴撮影

 菅義偉首相は24日に行った韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領との電話協議で、日韓関係は「非常に厳しい状況」とあえて強い言葉を使って、韓国側に関係改善に向けた対応を求めた。官房長官時代から、元徴用工問題や慰安婦問題を巡って韓国側を強く批判しており、新政権でも引き続き厳しい姿勢で臨む構えだ。

 「我が国の一貫した立場に基づいて、今後とも韓国に適切な対応を強く求めていきたい」。電話協議後、菅首相は記者団に強調した。

 今年7月には、韓国北東部・平昌にある植物園内に従軍慰安婦を象徴する少女像にひざまずいて謝罪する安倍晋三前首相をモチーフにした像が設置されたことに関し、「日…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. JR東が終電繰り上げ、最大37分 来春、首都圏17路線

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです