メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「おじさん」だらけ菅政権、与党党首全員女性のフィンランド政権と比べてみた

フィンランド政権で連立を組む5党の党首。左から2人目がサンナ・マリン首相で、ほか4人は閣僚を兼務している=在日フィンランド大使館ツイッターから

 16日に発足した菅義偉新内閣。顔ぶれを見ると、閣僚20人のうち女性は2人で、自民党の主要役員は全員男性で平均年齢が70歳を超えた。これに関し、SNS(ネット交流サービス)上では、首相を含めて連立与党の党首が全員女性であるフィンランド政権を引き合いに、日本との違いを嘆く投稿が拡散した。改めて日本とフィンランド政界の「女性活躍」の差について、考えてみた。【牧野宏美/統合デジタル取材センター】

 <うらやましい>

 <比較するのは年じゃなくて政策だ、と言うけど、さすがに日本大丈夫か?と思ってしまうね>

 <日本がどんどん後進国になってて、そりゃ若い人政治に興味も持てないよね、て悲しくなる>

 <どちらの国に明るい未来を感じるだろうか?>

 自民党の新役員や内閣の顔ぶれが発表されて以降、ツイッタ…

この記事は有料記事です。

残り2481文字(全文2825文字)

牧野宏美

2001年入社。広島支局、大阪社会部、東京社会部などを経て19年5月から統合デジタル取材センター。広島では平和報道、社会部では経済事件や裁判などを担当した。障害者や貧困の問題にも関心がある。温泉とミニシアター系の映画が好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです