メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY株反落525ドル安 米与野党協議難航に嫌気、1カ月半ぶり安値水準

ニューヨーク証券取引所=21日、AP共同

 23日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比525・05ドル安の2万6763・13ドルで取引を終えた。8月上旬以来、約1カ月半ぶりの安値水準。新型コロナウイルスの感染拡大で停滞した米景気の回復遅れが懸念され、売りが優勢となった。

 米追加経済対策を巡る議会の与野党協議が引き続き…

この記事は有料記事です。

残り121文字(全文271文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「誤解に基づいた意見も」 学術会議・梶田会長「正確なデータに基づく議論」訴え 会見詳報

  2. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  3. ORICON NEWS Sexy Zone、2年半ぶり5人でライブ 松島聡が久々の“鼻の下投げキッス”

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 二階派幹部、車で10時間かけて地元・山口に帰ったわけは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです