ゆうちょ銀、口座不正の被害拡大 2017年度から 計6000万円に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
不正引き出し問題の記者会見で陳謝するゆうちょ銀行の池田憲人社長(右)と、田中進副社長=東京都千代田区で2020年9月24日午後、手塚耕一郎撮影
不正引き出し問題の記者会見で陳謝するゆうちょ銀行の池田憲人社長(右)と、田中進副社長=東京都千代田区で2020年9月24日午後、手塚耕一郎撮影

 ゆうちょ銀行は24日、キャッシュレス決済サービスを通じて同行口座から不正に貯金が引き出される被害が22日時点で約380件、計約6000万円に達すると発表した。2017年7月から19年末までに顧客から被害の申し出があった事案を加えており、被害の規模が拡大した。10月末までに補償を完了させることを目指す。

 記者会見した池田憲人(のりと)社長は、相次ぐ不正引き出しについて「被害の発生状況の公表が遅れ、お客様に多大なご迷惑、ご不安をおかけしたことを深くおわびする」と述べた。口座を持つ顧客のうちキャッシュレス決済に登録している約550万人に不審な取引がないか確認を呼びかけた上で、10月末までにセキュリティー対策などを総点検する方針を示した。

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文796文字)

あわせて読みたい

注目の特集