メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州委、難民新制度提案「負担分担を」 欧州委員長「現在の制度、機能していない」

ブリュッセルの欧州委員会本部ビル=八田浩輔撮影

 欧州連合(EU)の欧州委員会は23日、中東やアフリカから欧州に渡る難民を巡り、受け入れや本国送還などに関する負担の分担を各加盟国に義務付ける新たな制度を提案した。2023年までに法制化を目指す。最初に難民が到着した国に保護申請の処理をする責任がある現行のダブリン規則を廃し、ギリシャやイタリアなど難民の「玄関口」にあたる国々への負担集中を減らすのが狙いだ。ただ、難民受け入れに消極的な東欧諸国などからの反発が予想され、実現に向けたハードルは高い。

 新制度案は各加盟国に、EU域内に到着した難民について一定の割合で受け入れの分担を求める。それができない場合、加盟国は難民申請が認められなかった人々を本国に送還する費用などを支出しなければならない。ロイター通信によると、難民を受け入れた国には、大人1人あたり1万ユーロ(約120万円)がEU予算から支給される。一方で、国境警備を厳格化するほか、本国送還手続きの迅速化・効率化も行う。

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文918文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. トルコ沖でM7・0の地震 4人死亡

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです