核ごみ調査 北海道・寿都町長の「町民に聞くと面倒になる」発言巡り住民団体抗議

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
寿都町役場=北海道寿都町で2020年8月26日午後1時46分、高橋由衣撮影
寿都町役場=北海道寿都町で2020年8月26日午後1時46分、高橋由衣撮影

 高レベル放射性廃棄物(核のごみ)最終処分場の選定に向けた文献調査への応募検討を巡り、寿都町の反対派住民は23日、片岡春雄町長が8月に「町民に伺いを立てるとかえって面倒になる」と発言していたとして、「町民への裏切りだ」と抗議する文書を片岡町長に提出した。

 提出したのは、応募に反対する署名活動を行う「子どもたちに核のゴミのない寿都を!町民の会」。

 同会はNHKの報道を引用し、片岡町長が8月7日の町議会全員協議会で「町民に伺いを立てるとかえって面倒になる」と発言していたと指摘。「元々は住民説明会をする意思はなかった。町民への裏切り行為だ」と批判した。

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文462文字)

あわせて読みたい

ニュース特集