メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核ごみ調査 北海道・寿都町長の「町民に聞くと面倒になる」発言巡り住民団体抗議

寿都町役場=北海道寿都町で2020年8月26日午後1時46分、高橋由衣撮影

 高レベル放射性廃棄物(核のごみ)最終処分場の選定に向けた文献調査への応募検討を巡り、寿都町の反対派住民は23日、片岡春雄町長が8月に「町民に伺いを立てるとかえって面倒になる」と発言していたとして、「町民への裏切りだ」と抗議する文書を片岡町長に提出した。

 提出したのは、応募に反対する署名活動を行う「子どもたちに核のゴミのない寿都を!町民の会」。

 同会はNHKの報道を引用し、片岡町長が8月7日の町議会全員協議会で「町民に伺いを立てるとかえって面倒になる」と発言していたと指摘。「元々は住民説明会をする意思はなかった。町民への裏切り行為だ」と批判した。

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです