メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大塚茂吉展 古代から続く時間の深遠さを表現 「土に生命と精神を込めたい」

「ふりむく猫Ⅰ」=東京都品川区で2020年9月22日午後3時25分、高橋咲子撮影

 イタリアの陶芸の街、ファエンツァでテラコッタの技法を学んだ大塚茂吉さん(64)の個展が東京都品川区上大崎2の「館・游彩」で開催されている。

 展示されるのは、ドイツの土を用いイタリアで制作したという女性の頭部像、骨格を感じさせるネコの作品、そしてアフリカの仮面を想起させる作品など。例えば、ネコは、欧州の神殿にいるようでもあり、日本の寺社にいる白いキツネのようでもある。西洋と東洋の両方の雰囲気をまといつつ、古代から続く時間の積み重ねを想起させる。

 特徴はその表面。小さな穴を無数に打ち、その上に白い…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文504文字)

高橋咲子

2001年入社。初任地は鹿児島支局。福岡報道部、広島支局を経て、現在は東京本社学芸部。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです