網走の湖に真っ赤なじゅうたん「サンゴ草」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 北海道網走市の能取(のとろ)湖で、秋に赤く色づくことから「サンゴ草」とも呼ばれるアッケシソウの真っ赤なじゅうたんが広がっている。

 環境省が絶滅危惧種に指定している植物で、塩分を含む湿地に生息し、15~25センチの草丈全体がこの時期に赤く染まる。

 今年は例年より早い9月上旬に見ごろを迎えた。卯原内(…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文262文字)

あわせて読みたい

ニュース特集