メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

血中物質でコロナ重症化予測 国立国際医療研究センター 検査キット販売目指す

 国立国際医療研究センターは24日、新型コロナウイルス感染症の患者の血液を分析し、重症化の指標になる五つの物質を特定したと発表した。研究を生かした血液検査のキットの販売をメーカーと共同で目指しており、近く国に申請する。

 新型コロナは初期には軽症でも急激に悪化することがある。事前に重症化を予測できれば…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文285文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操・内村が新型コロナ感染

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 首相、杉田氏発言巡り「政治家は自ら襟を正すべきだ」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです