メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋を迎える知床の川 カラフトマスの遡上が最盛期

 世界自然遺産の北海道・知床半島の川で、カラフトマスの遡上(そじょう)が最盛期を迎えている。

 斜里町の遠音別(おんねべつ)川では、8月下旬から産卵のため上流を目指す姿が見られ始めた。体長40~60センチで、繁殖期の雄は背びれの前が盛り上がるため「セッパリマス」とも呼ばれる。

 浅瀬などで体を傷つけながらも懸命に進み…

この記事は有料記事です。

残り51文字(全文208文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワクチン接種「成否は支持率に直結」 マイナンバー活用の新システム、突貫工事に懸念

  2. 名古屋市の救急医療ピンチ 搬送中に心肺停止状態も 愛知県が専門チーム

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 首相、コロナ医療体制の不備を陳謝 予算組み替えには応じず

  5. 「大変な時期に」 旭川医大、コロナ巡り学長と対立の病院長解任 関係者に衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです