メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファクトチェック

愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

ファクトチェック判定・ミスリード

 愛知県の大村秀章知事の解職請求(リコール)運動について、精神科医の香山リカさんが8月26日、ツイッターに<すでに署名の受任者を引き受けた方の住所氏名は、早速、県の公報で公開されてるようです。署名した人の名前や住所も、提出されたら縦覧できるみたい>と投稿した。これに運動側からは「デマだ」と激しい反発が起きている。リコール運動の受任者とは、請求代表者から依頼されて実際に署名を集める人のこと。県の公報で公開されたのは受任者ではなく請求代表者であり、署名した人の名前や住所を縦覧(閲覧)できるのも同じ市町村の有権者に限られることからミスリードだった。【木許はるみ/統合デジタル取材センター】

 署名の請求代表者37人の住所氏名は、関連法規を踏まえて、愛知県公報(http://www5.pref.aichi.jp/kofu/132-1.pdf)に、「選挙管理委員会告示」として公表されている。香山さんは投稿の当日に「失礼しました。住所氏名が公報に出ているのは代表者の方々なのですね」と訂正、2日後も「公報に載るのは代表者の住所氏名だけなんですね。その点は誤解してました」と投稿している。

 しかし…

この記事は有料記事です。

残り1863文字(全文2358文字)

木許はるみ

1985年生まれ、愛知県出身。中日新聞、Business Insider Japan、じゃかるた新聞を経て2020年入社。外国人住民、公害、地方議会の取材をしてきた。アートや科学が好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相の資産6277万円 内閣平均1億651万円 閣僚ら資産公開

  2. 下地幹郎衆院議員、自民沖縄県連に復党願 IR汚職巡り維新から除名処分

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです