けがから復活を期す慶応大・佐藤投手 「神宮のマウンドに立ちたい」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
学生生活最後の秋季リーグ戦を前に、投球練習に励む慶大の佐藤宏樹投手=横浜市の慶大グラウンドで2020年9月16日午後5時半、上鵜瀬浄撮影
学生生活最後の秋季リーグ戦を前に、投球練習に励む慶大の佐藤宏樹投手=横浜市の慶大グラウンドで2020年9月16日午後5時半、上鵜瀬浄撮影

 東京・神宮球場で19日に開幕した東京六大学野球秋季リーグでけがからの復活を目指す左腕がいる。1年時に最優秀防御率に輝いた慶大の佐藤宏樹投手(4年・大館鳳鳴)だ。180センチ、80キロから最速151キロの速球と落差の大きいスライダーを繰り出す。プロを志望する佐藤投手は、学生生活最後のリーグ戦に闘志を燃やしている。【上鵜瀬浄】

 佐藤投手は1年春のリーグ戦で5試合に救援登板した。1年秋は最終週の「早慶戦」2回戦に先発し、8回2失点の好投でチームを7季ぶり35回目の優勝に導いた。9試合に投げ初白星を含む3勝を挙げて、防御率1・03で最優秀防御率も獲得した。速球は常時140キロ台後半をマークし、「引っ張らせない自信があった。それほど、球に力があった」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文1002文字)

あわせて読みたい

注目の特集