メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋場所で前相撲行われず 1人だけの新弟子合格者不参加で取り組み成立せず

秋場所の新弟子検査は受検者が1人だけだった=東京・両国国技館で2020年9月8日(日本相撲協会提供)

 両横綱の休場でまれに見る大混戦となった大相撲秋場所。盛り上がる幕内の土俵の一方で、新弟子が次の場所で番付に載るための「前相撲」が行われなかった。

 前相撲は、新弟子検査合格者のしこ名が初めて載る序ノ口の番付を決めるもので、序ノ口取組前に行われる。秋場所前の新弟子検査での合格者が同志社大出身のバットトクトホ・トゥルトクトホ(23)=モンゴル出身、伊勢ノ海部屋=の1人だけで、興行ビザの関係で前相撲が11月場所以降になることに加え、今場所で前相撲を取る力士が番付外に落ちていた式秀部屋の黎大(れおん)のみだったため、取組が成立しなかった。休場続きで番付外に落ちた力士も、本来なら再び番付に載る「再出世」のために前相撲を取る必要があるが、黎大は前相撲をへることな…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  2. フォーカス 松下洸平 ドラマ「#リモラブ」青林風一役 恋がほぐす頑固な心

  3. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  4. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです