メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

タイムズスクエアの新年カウントダウン、今年はバーチャルで開催

米ニューヨークのタイムズスクエアで行われる大晦日恒例のカウントダウンは、今年は規模を縮小しバーチャルで行われることになった。今年1月1日撮影。(2020年 ロイター/Jeenah Moon)

[PR]

 [ニューヨーク 23日 ロイター] - 米ニューヨークのタイムズスクエアで行われる大晦日恒例のカウントダウンは、今年は規模を縮小しバーチャルで行われることになった。

 新型コロナウイルス感染拡大を受けた措置で、カウントダウンには限られた招待者のみが社会的距離(ソーシャルディスタンス)を確保して出席し、オンラインで中継されるという。

 光るボールが下りてくる有名なカウントダウンには毎年100万人余りが詰め掛けるといわれ、10億人余りがテレビで視聴する。ニューヨークのデブラシオ市長は声明で、「世界中の人々が、ニューヨーカーとともにボールドロップで新年を迎えることができる」と述べた。

 カウントダウンまでの1時間にわたるプログラムの詳細は決定していないが、主催者は「バーチャル、ビジュアル、デジタル面で斬新で向上した内容を提供する」と約束した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです