メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

かつては男のSUVの象徴! いまどきSUVから「カンガルーバー」が消えたワケ

情報提供:カートップ

かつては男のSUVの象徴! いまどきSUVから「カンガルーバー」が消えたワケ

似合うクルマが減ってしまったのも減少の理由

 クロカンのドレスアップの定番がグリルガードだ。カンガルーバーとも呼ばれ、パイプを使ってガッチリとフロントまわりを守るように作られている。ハードなイメージを引き立てるアイテムとして、1980年代から1990年代にかけてヒットし、クロカンだけでなく、ワゴン用も発売されていた。またアフターだけでなく、純正状態でそれ風のものが付いていたりもした。

グリルガードのついた三菱パジェロミニ

 ちなみに、カンガルーバーと呼ばれる理由はオーストラリアで、カンガルーと衝突しても車体に損傷のないようにするためのものだから。約80km/hでぶつかっても大丈夫という基準もあったりする。

 最近はこのグリルガードをあまり見かけなくなったが、なにか理由があるのだろうか?

グリルガードのついた日産テラノ

 それにはいくつかあって、まずは単純に似合うクルマが減ってしまったということ。もともとクロカンのワイルドさを引き立てるものだけに、SUVブームの昨今では、似合うクルマが減ってしまうというのは仕方がないとも言える。

SUVのイメージ

 もちろん衝突安全性もデザインに大きく関わってくる時代だけに、バーが別途付いているような形状は国際的に許されていないため、これも減少の原因だ。ただ国内の法律では、すべての角を丸くするという規定が新車であるだけで、アフターパーツについては適用されていない。

 ただ、人間と衝突した場合に、凶器となるのは確実なだけに、名の通ったブランドでは以前のようなグリルバーは作っておらず、自主規制という形にはなるが、コンプライアンスに定めて守っているところが多い。バーはあっても、バンパーの下に付く小振りなスキットバーと呼ばれるタイプがほとんど。実際、今売られているゴツいグリルバーは海外製ばかりだ。

 スタイルには流行があって、それに合わせてパーツも売れたりするが、グリルガードは流行り廃りだけでなく、安全性と大きく関わるという点でほかには類がないと言っていい。


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  3. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです