メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞予想やめました 反響過熱、背景紹介に変更 科学未来館

2019年のノーベル化学賞受賞者が吉野彰さんに決まった翌日に、その研究内容を紹介する科学コミュニケーター=東京都の日本科学未来館で(同館提供)

 ノーベル賞各賞の発表が10月5日から始まる。医学生理学、物理学、化学の各賞で近年、日本の受賞者が相次いでおり、「今年は誰が」と予測するのも楽しみの一つだ。ところが、日本最大級の科学館「日本科学未来館」(東京都江東区)は2018年を最後に、好評だった受賞者の予想をやめた。その理由を知りたくて担当者に聞くと、意外な答えが返ってきた。

 これまでの日本の受賞者は27人(米国籍の2人を含む)。うち自然科学関連は医学生理学賞5人、物理学賞11人、化学賞8人の計24人だ。19年には吉野彰・旭化成名誉フェローが化学賞を受賞した。

この記事は有料記事です。

残り1288文字(全文1548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」

  3. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです