メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞予想やめました 反響過熱、背景紹介に変更 科学未来館

2019年のノーベル化学賞受賞者が吉野彰さんに決まった翌日に、その研究内容を紹介する科学コミュニケーター=東京都の日本科学未来館で(同館提供)

来月5日から各賞発表

 ノーベル賞各賞の発表が10月5日から始まる。医学生理学、物理学、化学の各賞で近年、日本の受賞者が相次いでおり、「今年は誰が」と予測するのも楽しみの一つだ。ところが、日本最大級の科学館「日本科学未来館」(東京都江東区)は2018年を最後に、好評だった受賞者の予想をやめた。その理由を知りたくて担当者に聞くと、意外な答えが返ってきた。

 これまでの日本の受賞者は27人(米国籍の2人を含む)。うち自然科学関連は医学生理学賞5人、物理学賞11人、化学賞8人の計24人だ。19年には吉野彰・旭化成名誉フェローが化学賞を受賞した。

この記事は有料記事です。

残り1278文字(全文1548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  4. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです