メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

君は俺の小説、読みこなせるか 新作発行目標、10万円×50セット  作家・丸山健二さん

昨年7月、長野県の大町市の自宅で執筆について語る作家の丸山健二さん=2019年7月8日、藤原章生撮影

 文学には読者が30人いれば十分。俺が書き、俺が出版する――。長野県大町市で小説を書き続ける作家、丸山健二さん(76)は自ら出版社「いぬわし書房」を立ち上げ、4巻2450ページに及ぶ新作「ブラック・ハイビスカス」の予約販売に乗り出した。1セット10万円と高価で、目標発行部数はわずか50。著名な作家がこうした形で出版するのは極めて異例だ。

 インタビューは大町にいる丸山さんとウェブ会議システムで結んで行った。今回の試みの理由を聞くと、デビュー当時の話を始めた。死刑囚担当の若い刑務官の日常をつづった「夏の流れ」で、1966年下半期の第56回芥川賞を当時史上最年少の23歳で受賞。その後、勤めていた東京の商社をやめ、大町に移住し、執筆活動に専念した。

 なぜ中央文壇に背を向けたのか。「文芸の世界は非常に幼稚だとわかってしまったんです…

この記事は有料記事です。

残り3038文字(全文3403文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相の資産6277万円 内閣平均1億651万円 閣僚ら資産公開

  2. 下地幹郎衆院議員、自民沖縄県連に復党願 IR汚職巡り維新から除名処分

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです