メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング 高山勝成 「リングに忘れ物」11月に復帰戦

復帰戦を発表した記者会見で意気込む高山勝成=兵庫県三田市で2020年9月9日午後1時46分、田中将隆撮影

 プロボクシングの世界主要4団体ミニマム級元王者で、東京オリンピック挑戦のためアマチュア転向を経てプロに復帰した高山勝成(37)、寝屋川石田=は、高校教師を目指す現役の大学生でもある。既に4回生だが「リングに忘れ物がある」と教育実習を延期。11月23日に兵庫県三田市で約4年ぶりにプロのリングに上がる。

 プロ復帰戦は5月10日に予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期。自粛期間中はジムのある大阪でなく、学生生活を送る愛知で1人で練習に励んだ。先の見えなかった期間にプロ復帰をより強く渇望するようになったといい、「自分の中で財産」と語る。

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文891文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』駅弁販売 JR九州とコラボで特産品使ったメニュー グッズも発売へ

  2. 大阪・梅田HEP FIVEから高校生転落し死亡 路上の10代巻き添え意識不明

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです