メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

HBC・コラムDEガッチャンコ

体で観測 HBCの気象予報士たち /北海道

 HBCのテレビやラジオで伝える天気予報が、時々他の放送局やインターネットで発信されている予報と違うことがあります。気象庁以外の事業者が独自の天気予報を発表するには同庁長官の許可を得る必要があり、HBCはこの許可を受けているためです。

 例えば1時間に1ミリ未満の雨が予想される場合。パラパラと降る程度の雨ですが、気象庁の基準では「くもり」に分類されます。しかしHBCでは雨量が0・5ミリを超えれば、「小雨」と予報し、「外出する時は折りたたみ傘を忘れずに」とコメントを添えるようにしています。より生活実感にあった情報を届けようという取り組みです。

 HBCが予報業務の許可を受けたのは2001年1月。道内の放送局では初めてのことでした。業務に必要な機材や気象予報士を配置して、同年12月にHBCウェザーセンターを開設。現在は所属する6人の予報士が最新のデータを解析して、独自の情報を発信しています。

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  2. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  3. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  4. 衆院北海道2区補選 野党一本化方針を継続 立憲道連

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです