女川再稼働 石巻市議会も容認 市長、「同意」の意向示す /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
女川原発の早期再稼働を求める陳情の採決で賛成の起立をする石巻市議会の議員ら=宮城県石巻市で2020年9月24日、百武信幸撮影
女川原発の早期再稼働を求める陳情の採決で賛成の起立をする石巻市議会の議員ら=宮城県石巻市で2020年9月24日、百武信幸撮影

 東北電力女川原発(女川町、石巻市)2号機の再稼働を巡り、石巻市議会は24日、早期再稼働を望む陳情を賛成多数で採択し、女川町議会に続き容認する姿勢を示した。結果を受け、亀山紘市長は報道陣の取材に「採決で方向は決まった。議会の判断を覆すことはない」と述べ、再稼働に「同意」する意向を示した。今後、知事らとの会合の場で正式表明する方針。【百武信幸】

 市議会には5月、原発に反対する15団体の代表らが避難計画の不備などを理由に再稼働に同意しないよう求める請願を提出。地元の「石巻市牡鹿稲井商工会」は経済効果を見込んで、早期再稼働を求める陳情を出した。

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1245文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集