仙台駆け込み寺、再オープン DV、多重債務、自殺願望… 相談体制を強化 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
9月に再開した仙台駆け込み寺の事務所。歌舞伎町本部の玄秀盛所長は「相談することが悩み解決の第一歩」と話す=玄さん提供
9月に再開した仙台駆け込み寺の事務所。歌舞伎町本部の玄秀盛所長は「相談することが悩み解決の第一歩」と話す=玄さん提供

 東京・歌舞伎町で18年にわたりDVや多重債務、自殺願望などの相談に応じてきた公益社団法人「日本駆け込み寺」の支部「仙台駆け込み寺」が今月1日、仙台市青葉区一番町でリニューアルオープンした。新型コロナウイルス感染拡大で悩みを抱える人が増えているとみられるため、事務所を移し、相談体制を強化した。

 日本駆け込み寺によると、本部は2002年の設立以来、よろず相談所として5万件超の相談を受けてきた。東日本大震災後、被災地からも相談があったため、仙台支部を12年に歓楽街の国分町で開いた。しかし、財団法人の助成金…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文634文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集