密避け地域活動再開 岩沼で180人が草刈り /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
マスクを着用し、談笑しながら草刈りをする参加した住民ら=宮城県岩沼市で2020年9月13日午前6時35分、深津誠撮影
マスクを着用し、談笑しながら草刈りをする参加した住民ら=宮城県岩沼市で2020年9月13日午前6時35分、深津誠撮影

 東日本大震災後に防災集団移転した岩沼市玉浦西団地で、住民による団地内の草刈り活動が再開された。全住民が集まるのは今年初で、互いに距離を取りながら久々の交流に会話が弾んでいた。

 震災前の沿岸6地区から一つの団地に移ったため、住民同士の交流の機会として毎年6~9月に公園や防風林の草刈りをしてきたが、今年は新型コロナウイルスの影響で8月まで中止に。夏の盆踊りなどの行事も自粛したため、…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集