東日本大震災

復興支援道路、完成ずれ込み 21年度内開通に /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は、東日本大震災の復興支援道路として整備中の「みやぎ県北高速幹線道路」の全線開通が、工事の遅れで2021年度中にずれ込む見込みになったと発表した。県は「復興・創生期間」が終了する20年度内の開通を目指していた。

 県北高速幹線道は、宮城県登米市と同県栗原市を東西に結ぶ約24キロ。県によると、工事が…

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文272文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集