連載

書道・なるほドリ

毎日新聞デジタルの「書道・なるほドリ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

書道・なるほドリ

書の作品、ハンコ押してるね 正式には「印」 材料に中国の軟らかな石=回答・柳原勇 /神奈川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
石を使った印。右から二つは寿山石・高山凍。次いで順に寿山石・芙蓉、昌化石・牛角凍、青田石・封門青。左端は鶏血石の精巧な偽物=ゴールデン文具提供
石を使った印。右から二つは寿山石・高山凍。次いで順に寿山石・芙蓉、昌化石・牛角凍、青田石・封門青。左端は鶏血石の精巧な偽物=ゴールデン文具提供

 なるほドリ 書の作品には書いた人のハンコが押してあるよね。

 A 正式には印(いん)と言います。印の材料が印材です。プラスチック、木、竹、水牛の角、金、銀、銅などいろいろありますが、書道や水墨画(すいぼくが)で一般的に使われているのは中国の石です。

 Q 石を彫(ほ)るのは大変だね。

 A 石といっても、爪より少し硬い程度のものです。軟らかくきれいな石が発見されたことで、専門家でなくても簡単に彫れるようになり、清(しん)の時代、1700年ごろから書や絵の作家たちはこぞって自分の表現で印を制作しました。同時に、印材の産地や坑道による色や模様の変化などの鑑賞が始まり、分類研究も進みました。

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文857文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集