メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eスポーツ日本一へ! 長野高専3年・山川凌河さん 2年連続出場  カーレースとの懸け橋に /長野

2年連続で全国都道府県対抗eスポーツ選手権の舞台に挑む山川凌河さん=長野市で2020年9月22日、錦織祐一撮影

 長野高専3年の山川凌河(りょうが)さん(18)=長野市=が、全国都道府県対抗eスポーツ選手権の少年の部に北陸・甲信越ブロック代表として2年連続で出場する。種目はレースゲーム「グランツーリスモSPORT(スポーツ)」で、自身は6歳から9年間、カートレースの実戦を積み重ねており、舞台をeスポーツに移して全国制覇を目指す。【錦織祐一】

 同大会は2019年10月、茨城国体の文化プログラムとして初めて開催された。今年も鹿児島国体の文化プログラムとして開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響で国体は延期に。eスポーツ選手権はオンライン対戦が可能なこともあり「毎年継続することに意義がある」として単独開催が決まった。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. トルコ沖でM7・0の地震 4人死亡

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです