メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「浅田家!」 写真家と家族の実話 /愛知

 柔らかな三重弁に親近感を覚える。身近な街に、こんなにもすてきな写真家と、その家族がいると知ってうれしくなった。映画「浅田家!」は「湯を沸かすほどの熱い愛」で感涙を誘った中野量太監督が、実話を基に構成したオリジナル作品だ。家族を撮り続けた写真家と、彼を支え続けた家族の物語が、二宮和也さん、妻夫木聡さん、平田満さんに風吹ジュンさんという、まさに打ってつけのキャストで映画化された。

 幼い頃に父からカメラを譲り受け、浅田家の次男・政志は写真を撮るのが大好きになった。進学した専門学校の課題で家族にレンズを向けた彼は、その後も両親や兄を巻き込み、レーサーやヒーローなど多種多様なコスプレ家族写真を撮り続ける。そのユニークな写真集が賞を取り、撮影依頼が届くようになって間もなく東日本大震災が発生。かつて撮影した一家を心配し向かった被災地で、政志は家族や家を失った大勢の人々を目の当たりに…

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文957文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 特権を問う 寺島実郎氏「根底に保護領意識ある米国」 中国との対立は危険 地位協定改定し、日本は主権取り戻せ

  3. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  4. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  5. なぜ? 日焼け止め、防寒着、水筒に氷入れ→校則やルールで禁止 熊本市立の小中高アンケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです