メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 県産養殖マダイ、学校給食で提供 尾鷲小で /三重

マダイをほおばる児童たち=三重県尾鷲市中村町の尾鷲小で2020年9月24日午後0時19分、下村恵美撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で飲食店や宿泊施設での需要が落ち込み、出荷が滞っている県産の養殖マダイを使った給食が24日、尾鷲市中村町の尾鷲小学校で提供された。児童たちは、マダイを揚げて甘酸っぱく調理した「おさかな南蛮」をおいしそうにほおばっていた。

 学校給食で県産の水産物を使う県の事業として企画された。…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文384文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです