メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝の山 「古瓦の世界」 飛鳥~戦国、70点陳列 両端直立や“サソリ”も 来月9日まで、大津市埋文センター /滋賀

全国でも大津市内の一部でしか出土例がない「平瓦」(手前左)=大津市滋賀里1の市埋蔵文化財調査センターで、礒野健一撮影

 大津市内で出土した、飛鳥時代から戦国時代まで、幅広い時代の瓦を約70点陳列した企画展「古瓦の世界―瓦礫(がれき)も宝!―」が、市埋蔵文化財調査センター(滋賀里1)で開かれている。10月9日まで。【礒野健一】

 前期穴太廃寺跡(穴太2)で出土した、市最古の7世紀前半のものとされる蓮華(れんげ)文軒丸瓦や、藤原宮(奈良県橿原市)造営時の瓦工房とみられる石山国分遺跡(田辺町…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 囲碁は「国技」、日本棋院が定款変更 「伝統文化」内外に発信狙う

  2. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

  3. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  4. 米司法省、グーグルを独禁法違反で提訴 米メディア報道 MS以来20年ぶり大型訴訟

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです