メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日書道紙上展 9月度入賞作品 書法の周知、大切に /奈良

 毎日書道紙上展の一般の部(毎日新聞奈良支局主催)9月度の優秀賞5点と入選20点が決まった。選と評は一般財団法人毎日書道会評議員で書藝北辰会会長の藤野北辰さんと、かな書作家協会理事で美葵会主宰の今村葵草さん(かな部)。(作品紹介は敬称略)

 ◆総評

 毎日書道紙上展には、若い方からご高齢の方まで、みなさんの「毛筆で文字を書きたい」という思いがあふれます。臨書も多く届きますが、先人の書に対する畏敬(いけい)の気持ち、書法の周知が大切です。

 さて、萌雲さん、呉昌碩の臨書のリズミカルな振幅がうまく表現できています。久陽さんは、落ち着いて悠然とした作。順子さん、古典を忠実に習えています。和之さんの滑らかな筆の運びに好感がもてます。奈美さんの米芾臨書。大胆な特徴をよくとらえました。心花さんの気持ちの込められた筆運びは爽快です。優来さん、墓誌銘が丁寧な筆致で書けています。

この記事は有料記事です。

残り1179文字(全文1562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 行方不明者捜索中に「逃走」の警察犬クレバ 兵庫県警捜査員が無事保護

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  5. 漫画で解説 JAL再上場の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです