メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新境地に挑んだ「点と線」 直筆原稿で迫る企画展 6回に分け104枚展示 松本清張記念館 /福岡

掲載誌「旅」と共に展示されている「点と線」第1回の直筆原稿(左)

 市立松本清張記念館(小倉北区城内)で、企画展「直筆原稿で見る――『点と線』のダイナミズム」が開かれている。清張の代表作で社会派推理小説の草分けとされる「点と線」の直筆原稿104枚を、2021年1月11日まで6回に分けて展示する。

 「点と線」は、日本交通公社(現JTB)発行の月刊誌「旅」に1957年2月号から58年1月号まで12回にわたり連載。同館は5回分の直筆原稿を所蔵しており、東京駅13番ホームから1…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

  5. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです