メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

昔のことわざに「印形は首と釣り替え」というのがある…

[PR]

 昔のことわざに「印形(いんぎょう)は首と釣り替え」というのがある。はんこを押すのは首と引き換えにするくらいの覚悟が要るという意味である。めったなことで判を押してはいけないと、その重大さを戒めたのだ▲つまりは、押印をあまりしない庶民にもはんこが行き渡っていたのだ。江戸時代の中ごろには農民らもそれぞれにはんこを持っていたようだ。幕府が作らせた当時の隣保(りんぽ)組織の誓約書である五人組帳の連名連印でそれが分かるという▲そんな昔からの「はんこ社会」も大きな曲がり角を迎えたようだ。デジタル化や規制改革を掲げる菅(すが)新政権の河野太郎(こうの・たろう)行政改革担当相が「はんこをすぐになくしたい」と言えば、平井卓也(ひらい・たくや)デジタル改革担当相もすぐさま賛意で応じた▲この間のテレワークでは押印のために出社するムダがやり玉に挙がり、ウィズコロナ社会の脱はんこ化の課題を浮上させた。小欄がそれに触れた5カ月前には政府のIT担当相がはんこ議連の会長だったのを思えば、様変わりである▲この夏に決まった政府の「骨太の方針」でも「書面・押印・対面」を不要とする目標が掲げられた。ただし、押印に代わるシステムの費用をどれだけの中小企業が負担できるかなど、ビジネスや行政の各場面での課題も少なくはない▲「首と釣り替え」という重みのある決裁や誓約の「はんこ文化」は、これからもさまざまな儀礼で残せるだろう。コロナ禍から生まれた、企業や行政の効率的で軽快な組織文化の方は今から未来へと伸ばしたい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  3. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  4. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

  5. 「余命2年」 30歳ライフガードの男性が生前葬を開くことにした理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです