メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

首相、そりゃないよ=小倉孝保

「報道の自由のための国際会議」に参加したアマル・クルーニーさん=ロンドンで、ロイター

 <kin-gon>

 米俳優、ジョージ・クルーニーさんの妻は人権派国際弁護士のアマルさんだ。意志が強く、大変モテたのでしょうね、独身時代にはこのセクシーな俳優からの猛烈な誘いを2回、断っている。

 その彼女が先日、英政府の「報道の自由」特使を辞任した。欧州連合(EU)との貿易交渉を巡るジョンソン首相のやり方に我慢ならなかったようだ。「英国は国際法に違反しようとしている。情けなく、耐えられない」と辞任理由を説明している。

 英国は今年初め、EUから離脱し、自由貿易に向けた両者の交渉が山場を迎えている。そんな中、首相は離脱協定の一部を勝手に変更する法案を議会に提出した。協定は昨年、両者で合意された国際法である。ルールを無視した一方的な変更方針に、EUだけでなく、歴代首相や与党・保守党議員など英国内からも批判が噴出した。

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです