メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

新型コロナ 「指定」外せば混乱 アドバイザリーボード・作業部会 岡部信彦座長(川崎市健康安全研究所長)

 新型コロナウイルス感染症の「指定感染症」の運用見直しについて、アドバイザリーボードの作業部会座長を務める岡部信彦・川崎市健康安全研究所長にその必要性と狙いを聞いた。【金秀蓮】

 新型コロナウイルス感染症は1月末、感染症法に基づく「指定感染症」になった(2月施行)。当時はよく分からない病気で、重症急性呼吸器症候群(SARS)など2類感染症と同等の措置から始まった。その後、無症状病原体保有者への入院勧告が加わるなど、致死率の高いエボラ出血熱や新型インフルエンザ並みに強い措置が可能となった。

 指定感染症の指定期間は延長しなければ、1年で失効する。指定から7カ月以上が経過し、臨床現場では多くの患者の治療を経験した。疫学的な知見も集まる中で、このままの運用が適当かどうか、指定感染症であることが妥当かどうかの判断が必要だと考えた。

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文967文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです