メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

コロナ「宿泊・自宅療養徹底」政令改正へ 入院線引き、明確化

 新型コロナウイルス感染症を巡り、厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」は24日、作業部会がまとめた指定感染症の運用見直し案を了承した。25日の感染症部会を経て、政府は来月、政令を改正。軽症者や無症状者のうち、重症化リスクが高い高齢者と基礎疾患のある人、知事が必要と判断した人を除き宿泊療養か自宅療養とする運用を始める。患者の入院調整などにあたる保健所の業務負担の軽減にも期待がかかるが、課題は多い。

この記事は有料記事です。

残り2136文字(全文2340文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 東京で新たに1592人の感染確認 日曜日では過去最多

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです