メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次期衆院選 公明、衆院の世代交代急ピッチ 太田前代表ら5人引退へ

 公明党は、衆院議員29人のうち太田昭宏前代表(74)、井上義久副代表(73)、石田祝稔政調会長(69)ら少なくともベテラン5人を今期限りで引退させる調整に入った。衆院議員の任期満了が2021年10月に迫る中、世代交代を加速させる狙いとみられる。

 公明は24日、次期衆院選の第3次公認候補6人を発表した。井上氏が選出された比例東北、石田氏の比例四国、桝屋敬悟政調会長代理(69)の比例中国、高木美智代政調会長代理(68)の比例東京の各ブロックに新人候補1人の擁立を決めた。比例南関東ブロックには元職2人を擁立する。

 公明は現職の公認の可否については、次期衆院選の直前に正式決定する方針だが、新人擁立を決めた東北など4ブロックでの獲得議席数は、近年各1~2議席が定着しており、事実上ベテラン4人の引退を決めたことになる。公明関係者は「正式に引退を表明するとあいさつまわりなどが必要になり『解散は近い』との誤解も生みかねない。このため玉虫色の発表にした」と語った。

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文1022文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです