メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

気仙沼の地べたより=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

 今月末でこの「経済観測」のコーナーは終わるのだという。私が執筆させていただくのも今回が最後だ。目を通してくださったみなさまにあらためて御礼申し上げたい。

 「最後」ということを言い訳に、少々個人的なことを書かせていただきたい。このコラムの執筆をお声掛けいただいたとき、私は「首相フェロー」の任を終えブータンから帰国したばかりであった。おそらくブータンのことを交えながら日本経済について書くことを期待されていたのだと思うが、その後私は、東日本大震災後の宮城県気仙沼市でニットの会社を立ち上げ、もっぱら気仙沼での生活・仕事から見えることを書くこととなった。当時の担当者の方はさ…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 脳しんとうの力士が取り直し 土俵の安全性に警鐘 協会、初場所後に本格協議へ

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 警視庁担当記者が過激派「中核派」のアジトに入り、見た世界とは

  5. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです