メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人物大の埴輪、にっこり 邪気払い?6世紀前後か 大阪・陵東遺跡

大阪府羽曳野市と藤井寺市にまたがる陵東遺跡で発掘された力士とみられる人物埴輪=2020年9月24日午前10時15分、久保玲撮影

 大阪府羽曳野市、藤井寺市にまたがる陵東(みささぎひがし)遺跡の溝から盾持ち人、力士、男子像の人物埴輪(はにわ)3体(5世紀後半~6世紀初め)が出土し、大阪府文化財保護課が24日、発表した。

 盾持ち人埴輪は頭部だけが出土し、長さ60センチ、幅25センチ。盾部分は見つからなかったが、差し込み式の頭部は盾持ち人埴輪にみられる特徴という。盾部分も含めると、人と同じぐらいの大きさだったらしい。目の周辺には線刻が施され、鼻や顎(あご)もしっかり作られていた。

 通常の人物埴輪は無表情なのに対し、盾持ち人埴輪は威嚇や笑いの表情、入れ墨表現のあるものが多く、邪悪なものを追い払うために作られたとされる。

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです